環境とゴミと粗大ごみ回収

引越しに伴った不用品、いらなくなった粗大ごみ、環境を考えた循環社会を目指す

Main Content RSS FeedLatest Entry

温暖化・食品廃棄物・エネルギーはどう変わるのか?

古紙以外は何も使わずリサイクルペーパーを作る際はどうかというと、このリサイクルで発生するCO2の総量は、一からパルプを作り出す時に出てくる二酸化炭素の総量とは比べ物になりません。
PET樹脂素材は、まったくの透明で変成しにくいのが特徴で、国内ではペット樹脂を原料に製造されるさまざまなペットボトルはすぐにリサイクルできるようにきれいな透明に製造されています。
一般的な生ごみは含水率のパーセンテージが高いので、焼くためにはたくさんの化石燃料というものが必要とされ、燃焼する時の状況によってはありがたくないダイオキシン発生のもとになる場合がある。
ほとんどの食品廃棄物は異物が中に含まれているという問題や発生エネルギーの回収が技術的に難しいので、一昨年も昨年も、約1700万tものゴミがリサイクル対象外になっており、そのほとんどすべてが焼却廃棄されているのが現状です。
田畑の開発を優先する結果、風雨から土壌を維持していた樹木や草花が姿を消し、結果的に、豊かな土壌が水で流され、最終的には消失していったのである。

Recent Entries

遺品整理と不用品回収の関係

遺品の処理とは、故人の残した遺品を整理することで、遺品整理・遺品処理、遺品処分ともいう。遺品はいわゆる遺産の内 […]

完璧な不用品回収など存在しない

何日か前のことです戸田市に住んでいる昔からの友人が粗大ゴミの処分に困ってしまって不用品・廃品の回収・処分業者に […]